故人の荷物を片付ける|大切な方を偲ぶには家族葬にするのがおすすめです

大切な方を偲ぶには家族葬にするのがおすすめです

線香

故人の荷物を片付ける

箱と手

利用する業者を選ぶなら

亡くなった人の荷物をいつまでもそのままにしておけるほど恵まれた住環境にある人は、そう多くありません。亡くなった人には申し訳ありませんが、形見になる品物を数点とっておいて、残りの荷物は全て処分することになるケースがほとんどです。稀に、お子さんを亡くした親御さんが子供部屋をそのままにしておくケースが見られますが、全体から見るとレアケースです。先程も述べた通り、荷物の大半を処分することになるため、不用品回収業者を利用する人もいます。しかし、不用品回収業者は遺品を単なるゴミとして取り扱いますので、利用後に後悔してしまう人が後を絶ちません。結果的に捨てることになるとはいえ、できるだけ丁寧に取り扱ってほしいと望むのが当然です。そのため、名古屋では、不用品回収業者ではなく遺品整理業者を利用する人が増えてきています。幸いなことに、名古屋には作業が丁寧なことで有名になっている遺品整理業者がいます。故人の供養になる遺品整理を実現することができるため、名古屋では遺品整理業者を利用する人が今後さらに増えるだろうと予想されています。

何をしてもらえるのか

名古屋市内で営業している遺品整理業者はたくさんいますが、提供しているサービスは業者ごとに違っています。どの業者を利用した場合でも必ずやってもらうことができるのは、遺品の分別整理とその処分です。まず遺品の中から現金や預金証書、印鑑などの貴重品を選り分けます。遺族から指定された物を選り分けるのが基本ですが、捨てずにとっておいた方がよさそうに見える物も一応選り分けておいて、後で遺族の判断を仰ぐようにしている業者が多いです。そのようにした上で残りの荷物を種類別に分け、それぞれを適切な方法で処分します。もちろん、処分場までの運搬作業も契約内容に含まれます。これらの作業を全部任せてしまえるだけでも遺族としては大助かりですが、形見の品の発送や仏壇供養などのオプションサービスを用意している業者も存在しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加