大切な遺品|大切な方を偲ぶには家族葬にするのがおすすめです

大切な方を偲ぶには家族葬にするのがおすすめです

線香

大切な遺品

作業者

家族の思い

大切な家族が亡くなると心にぽっかりと穴が空いたような気がします。いつまでも遺品をみては思い出に浸ることでしょう。しかし、いつまでも残しておけないのが遺品です。遺品には、住宅、車、生活用品などたくさんあります。特に住宅は老朽化していきます。生活用品も使用しないと痛みは激しくなります。亡くなられた家族は、いつまでも悲しみの中で遺品に埋もれた生活をしている遺族をうれしくはなくとても悲しく思うことでしょう。遺品整理をすることは亡くなられた方への供養にもなります。大事な遺品だけを残し処分することをお勧めします。遺品整理を少しずつされることも良いですが、専門の業者がいますので依頼してお任せすることも良いでしょう。

本当の供養

遺品整理をすることで思い出が亡くなる、亡くなった家族のことを忘れてしまうなんてことはありません。心の中にいつまでも残ります。遺品は、大切なものを残し後は処分してもらいましょう。住宅は、不動産会社へ依頼し、生活用品は専門の業者、リサイクルできるものはリサイクルしてもらいきれいに片付けスッキリしましょう。供養の仕方は宗教や家庭などで違いますが、残された家族が幸せに暮らすことが一番の供養になります。そのために遺品整理をすることの意味にもつながります。「心配しないで幸せに暮らしている」ことを亡くなられた家族へ伝えましょう。ゆっくりと成仏して休んでもらうために幸せに暮らすのです。遺品整理の意味はとても深いのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加